義歯・入れ歯

あなたにぴったりの入れ歯をおつくりします

 歯を失った時の治療法として、今ではインプラント治療がスタンダードになりつつありますが、高額なこともあり、やはり古くから親しまれている取り外しの入れ歯を選ばれる方も多くおられます。入れ歯でも、「咬みづらい」「外れやすい」「咬むと歯ぐきが痛い」といった不満がつきものです。でも、「入れ歯だからしょうがないか。」とあきらめていませんか。

わたなべ歯科医院では、入れ歯が合わない原因は、咬む力のバランスが原因と考えています。当院では、一人ひとりのお口の状態をしっかり把握し、それに適した入れ歯をおつくりしています。入れ歯についてのお悩みは、当院までご相談ください。

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯の違い

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
メリット★費用を抑えられる
★ 製作期間が短い
★ 壊れやすいが修理もしやすい
★素材や様式の選択肢が豊富
★床の素材に金属を選べば、軽い上に食事の温度を伝えやすい
デメリット ★ 床部分の素材はレジン(歯科用プラスチック)にかぎられるなど、素材や様式に制限ある
★ 部分入れ歯の金属のバネが目立つ
★ 見た目が入れ歯だとわかりやすい
★ 咬み心地や装着感が劣る
★ 耐久性が高いが、修理できないものもある
★ 製作期間が長い
★ 比較的費用が高額になる