睡眠時無呼吸症候群【SAS】(スリープスプリント)

 わたなべ歯科医院では、“いびき”や“睡眠時無呼吸”対策として、またCPAP療法がなかなか合わない方へ、精密に型取りした歯型の模型から製作したスリープスプリント(睡眠時のマウスピース)を作成しております。
 就寝時に装着すると下顎が上顎より少し前に出た状態になり、また舌根も下がりにくくなるので、睡眠中でも上気道がしっかりと確保されます。これによって上気道の閉塞が起こらず、いびきや無呼吸が改善されぐっすりと快眠できるようになります。
 当院では、できるだけ既存のスリープスプリントに比べて違和感の少ない(バンドで接続しておりますので、顎の動きに少し遊びがあり、空気の出入りが楽にできます。)改良型のスプリントも作成しております。

 通常のスリープスプリント
改良型の新型スリープスプリント
スリープスプリントの効果

●下記の合計点数の高い方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性がございます。

※保険診療でスリープスプリントを作成する場合は、医科より「睡眠時無呼吸症候群」の診断に基づく診療情報提供書の提示が義務付けられております。
※それ以外は自費診療(¥30,000)(別途消費税)となります。

スリープスプリントについてご不明な点は、わたなべ歯科医院(℡ 047-451-2654)へお気軽にご相談下さい。