睡眠時無呼吸症候群(スリープスプリント)

 わたなべ歯科医院では、精密に型取りした歯型の模型から製作したスリープスプリントを“いびき”や“睡眠時無呼吸”対策に作成しております。
 就寝時に装着すると下顎が上顎より少し前に出た状態になり、また舌根も下がりにくくなるので、睡眠中でも上気道がしっかりと確保されます。これによって上気道の閉塞が起こらず、いびきや無呼吸が改善されぐっすりと快眠できるようになります。

※保険診療で作成する場合は、医科より「睡眠時無呼吸症候群」の診断に基づく情報提供書の提示が義務付けられております。
※それ以外は自費診療(¥30,000)(別途消費税)となります。