痛くない麻酔

わたなべ歯科医院では、様々な処置を行うにあたり、患者様にとにかく痛みを感じさせない努力をしております。
「痛み」は、特に長引かせると脳や身体にその痛みが記憶されて残ってしまう事が分かっております。従って、歯の治療においても痛みをできるだけ感じさせない処置というのが大変重要で、体の負担も身体的にも精神的にも軽減します。

 したがって、むし歯の処置(神経に近いもの)、抜歯、歯周外科処置、インプラント処置などを行うときには、痛みを感じないように表面麻酔電動注射器(電動で少量ずつ麻酔を効かせていく)・33G歯科用注射針(今ある中で最も細い歯科用の注射針)を用い、また特に重視しているのが、私たち従事者側の「無痛麻酔テクニック」(体験すると分かります)を用いて、麻酔の針を刺す時の痛みも感じない、処置の時にも痛みを感じないようにベストを尽くしておりますので、緊張なさらずに気持ち穏やかにご来院下さい。

ただし、痛みや腫れがあったり炎症が強くある時には麻酔がかなり効きにくくなりますので、緊急時処置(切開排膿など)以外には投薬を行い炎症がある程度治まってから、後日処置を行います。