審美治療(審美修復治療)

歯の見た目の美しさと機能性を兼ね備えた歯科治療

 歯は健康できちんと咬めることが大切ですが、見た目もとても重要です。たとえば「銀歯が笑うと目立つ」「前歯が欠けた」「ホワイトニング施術を受けたけれど白くならなかった」など、見た目についてお悩みの方は多いです。

 わたなべ歯科医院の審美治療では、そういった方にセラミックを用いた審美修復治療を行っております。当院では、咬み合わせなどの機能性を十分にふまえて治療を行っていますので、「美しく」「機能的な」口元が手に入ります。見た目でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

審美治療(審美修復治療)の種類

~金属アレルギーによるリスク~

 銀歯は見た目が気になるだけでなく、経年によってお口の中で溶け出して、金属アレルギーの原因になることがわかってきました。金属アレルギーは、肌荒れやかぶれなどの掌蹠膿疱症〈しょうせきのうほうしょう〉の全身症状にもおよぶ病気です。近年ではこのリスクを排除するために、銀歯をセラミックに取り替える方が増えています。
 もし肌荒れなどの症状があり、原因がわからないという場合には、もしかするとお口の中の銀歯が関係しているかもしれませんので、気になる方は一度当院にご相談ください。

ファイバーコアポストによる支台築造

ファイバーポスト処置(中央)
ジルコニアオールセラミック(中央)

 今まで歯を被せる前に行う『歯の土台(支台)』の処置は、メタルコアという金属製の土台(金属製ポスト)を入れるのが当たり前でした。しかし、メタルコアは金属のために弾力性を持つ歯(象牙質の部分)には硬すぎて、必要以上のかみ合わせの力のストレス応力がかかりすぎると、歯根が破折するトラブルが大変多いことが分かってきました。また、中の金属が透けて歯肉が少し灰色っぽく見えたりして見た目の色にも影響します。
 したがって、わたなべ歯科医院では保険や自費治療でもメタルコアは現在では一切使わずにグラスファイバーを用いた『ファイバーコアポスト』とレジンを使用した強固な接着による支台築造を行っております。
 ファイバーコアは、従来の金属製ポストに比べ象牙質に近似しており、歯のたわみに応じて屈曲しながら応力を分散するため、歯への負担を大幅に軽減します。また、見た目も白い支台なので、審美的にも将来的に歯ぐきが黒っぽくなる心配もなく、トラブルの少ない材料として今後はスタンダードな材料となりつつあります。

ラミネートベニアによる審美治療

 前歯の欠けやすきっ歯、矮小歯(もともと小さい歯)、叢生歯(歯が大きく歯並びが乱れている)で歯列矯正が不可能な歯には、ラミネートベニアがおすすめです。ラミネートベニアとは、前歯の表面を薄く削り、付け爪のようなセラミック製の薄い板を貼り付けて前歯の見た目や、軽度の歯並び・咬み合わせの乱れを整える治療法です。
 セラミックはまわりの歯の色に合わせられ、自然な透明感を再現できるため、違和感のない美しい口元になります。矯正治療のように長い期間がかかることもなく、手軽に受けられることでも人気を集めています。

審美修復治療についてご不明な点は、わたなべ歯科医院(℡ 047-451-2654)へお気軽にご相談下さい。