一般歯科・根管治療

むし歯の治療

 お口のトラブルでも特に多い虫歯は、初期の段階では自覚症状もなく、進行してくると「痛み」や「しみる」といった症状が現れます。「痛い」と感じたときには、歯の神経も興奮状態ですでにかなり進行していることが考えられます。進行すればするほど歯はダメージを受け、治療で歯を削る量も増えますし、最悪の場合には、歯の神経を取るかもしくは失ってしまうことになります。

当院では、できるだけむし歯があっても感染した歯質のみを削り、できるだけ歯を削らずに人工エナメル質(コンポジットレジン)で元あった状態に戻すことを心掛けております。
 大切な歯を守るために、「虫歯かな?」と思う症状があれば、お気軽にご相談ください。

歯を残すための根管治療

 虫歯が悪化すると、その歯の神経や血管は死んでしまいます。そこまで進行した歯は、以前は抜くしかありませんでしたが、近年では治療の道具や材料も進歩して、根管治療を行うことで、歯を抜かずに残せるようになりました。

 根管治療は、歯根の中にある根管という大変細い管の中から、死んでしまった神経・血管を取り除き、内部を徹底的にきれいに洗浄・消毒してすき間ができないように、最後は管の中に薬剤を充填して密封し、被せ物を装着し、歯の機能を回復させます。
 これは、管の中に細菌を残さないというテクニカル的な要素に左右される最も精密さが求められる難しい治療になりますが、歯を残すための唯一の手段です。

MTAセメントを用いた治療

 MTAセメントは、1993年に米国の大学で開発された歯科用セメントです。
従来では治療が困難とされた症例にも使われ、もっとも高い封鎖性でかなり予後の期待できる材料で、以下の特徴を持っています。

・水分があっても硬化し、歯と密着します
・硬化により膨張するので高い封鎖性があり、
  細菌の侵入を防ぎます
・ph12という強いアルカリ性で、高い殺菌作用が
  期待できます(ほとんどの細菌はph9.5で死滅)
・生体親和性が高く、細胞の再生を妨げません

 当院では、重度の虫歯によって神経の近くまで削ったり、神経が露出したりした歯の神経保存、
すでに神経を失った歯根の根管治療などにMTAセメントを用いています。MTAセメントによる
適切な処置によって神経を残すことができれば、歯の寿命を延ばすことが可能です。