予防・メインテナンス処置

メインテナンスの目的

 予防メインテナンスは、歯の表面にこびりついた約300種類といわれる細菌を取り囲む東京ドームのような層を作るバイオフィルムの破壊と除去を行い、お口の健康を保つとともに、治療終了後の方は特に細菌感染によるむし歯や歯周病の再発を防止することを目的とします。
 お口の中の細菌の量は、データによると一度お口の中のクリーニングをしても、約3か月~4か月でもとの細菌の量に戻る傾向があります。
 従って、細菌の量が悪影響を起こしだす前に、プロフェッショナルクリーニングにより、機械的にバイオフィルムを取り除くことで、むし歯や歯周病の再発を予防することができますので、 その人の歯周環境に応じてメインテナンスの期間を決めて参ります。

リコール(次回来院日)を必ず守りましょう!

患者様によってメインテナンスのリコールを指定します。この間隔は、基本的に3ヶ月とされていますが、再評価やその方のブラッシングの良好度によっても、短くなったり、徐々に延ばしたりします。したがって、リコールはできるだけ守って一緒にお口の健康を維持していきましょう。自分の磨けてない欠点の場所などをコチラでお教えしていくことで、必ず歯ブラシも上達してうまくなっていきますよ。

 もしメインテナンスを一度だけで終わらせてしまい、定期的に行わないと、歯周病は進行したり再発するリスクは上がってしまいますので、学校やお仕事やお忙しい方でもせめて6か月~1年以内に一回は最低でもクリーニングをしましょう。