インプラント治療

インプラントで取り戻す「見た目」と「咬み心地」

歯を失ってしまった場合に歯の機能を回復させる治療として、従来では入れ歯やブリッジが用いられてきました。入れ歯やブリッジは、保険治療を選ぶと比較的安価で済むのがメリットですが、見た目や咬み心地に劣る上、支えにしている歯に負担をかけてしまうというというデメリットがあります。

これに対し近年では、インプラント治療が選ばれるようになりました。インプラント治療は、歯を失った顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に被せ物を装着して咬む機能を取り戻す治療です。「わたなべ歯科」では、自然な咬み心地と見た目を回復できるインプラント治療をおすすめしています。気になる方は、お気軽に当院までお問い合わせください。

インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

インプラント
入れ歯ブリッジ
特徴
歯を失った部分の顎の骨に、インプラント(人工歯根)を埋め込み、上部に人工歯を装着します。 歯を失った本数に合わせて、部分入れ歯か総入れ歯をつくり装着します。 1~数本の歯を横並びで失った場合に、両脇の健康な歯を削って支台にし、連なった人工歯を装着します。
メリット★自然な見た目と咬み心地を回復できる
★ 装着の違和感がない
★ 硬い物もしっかり咬める
★ まわりの歯に負担をかけない
★ 金属アレルギーのリスクがほとんどない
★治療期間が短い
★ 保険が適用され、費用を抑えることができる。
★ 見た目が自然
★ 装着の違和感が少ない
★ 保険が適用されるものもある
デメリット
★保険適応外
★ 外科手術が必要
★ 全身疾患や顎の骨の状態などにより、治療できないケースがある
★ 定期的(~6ヶ月)なメンテナンスが必要


★ 審美性に劣る
★ 総入れ歯の咀嚼能力は1/10程度になる
★ 装着時に違和感がある
★ 部分入れ歯のバネをかける歯の寿命が縮む
★ 定期的に調整が必要


★ 健康な歯を削らなくてはならない
★ 支えとなる健康な歯に負担をかけ、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療の流れ

インプラント治療は外科手術を伴います。当院では、患者さんとじっくりご相談した上で治療を行います。わかりやすいご説明にも努めてまいりますので、気になることがあればお気軽にご質問ください。

使用しているインプラント

当院では、もっとも歴史と信頼性・安全性の高いスウェーデンのブローネンマルク氏の考案したインプラントであるノーベルバイオケア社製のインプラントを使用しております。

インプラント治療の医療費控除

インプラント治療は自費診療となり費用が高額になりますが、医療費控除の対象になります。確定申告を行い、費用の負担を軽減されることをおすすめします。