?(*^▽^*)なべ歯科の質問コーナー?

当院の患者さんや講演活動などで聞かれたお口についての質問事について簡単にまとめました。

【歯並び・矯正治療などについて】

●歯の矯正はいつ頃(何歳)にするのが1番良いか

一般的に、乳歯がすべて生えそろった頃、また永久歯の前歯が4本そろう6歳から8歳頃に一度歯科医師に相談し、診断すると良いと思います。

●歯並びが悪いので矯正せずに治す方法

歯並びは、内側の舌、外側の周囲の筋肉のバランスによって動かされますので、成長期であれば筋肉のトレーニングで治ることもあります。特に口呼吸は、唇の筋肉が弱くなり、出っ歯になるので注意が必要です。

●歯並びはどうやったら良くなるか

歯並びは遺伝性の影響が大きく一概に言えませんが、小さい時から硬いものを食べて顎の成長を促したり、矯正によって顎を拡大する事で改善することができます。

【歯ブラシの選択や歯ブラシの仕方など】

●お勧めの歯ブラシ、歯磨き粉

歯ブラシの硬さは「ふつう」、またヘッドが小指の先端から第一関節まで位の長さの歯ブラシを選んでください。ヘッドが大きいものは、歯ブラシが大雑把になるので、磨けてないことが多いです。歯磨き粉は、研磨剤ができるだけ少ないもの、またフッ化物が入っているものをお勧めします。

●歯ブラシの硬さは歯の健康に関係あるか

あります。歯ブラシは、柔らかすぎると歯の表面のプラークは決して落ちません。また硬すぎても歯や歯ぐきを傷つけてしまいます。歯ブラシはコシが大事です。通常、硬さは「ふつう」を選択してください。

●歯が黄色いので防止するにはどうしたら良いか

定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらうか、研磨剤の入った清掃効果の高い歯みがき粉(あまりお勧めはしません。)を使うことです。

●歯磨きの代わりになるものは何かあるか

今のところありません。歯垢(プラーク)はよくこすらないと落ちません。時間がない時は、お水やお茶などですすぐか、洗口剤等を使用して下さい。

●歯磨きは食後何分以内にすると良いか

根拠ある決まり事はありません。常にお口の中がすっきりとして、舌でよく歯を舐め回して歯がツルツルな状態を心がけてください。特に夜中は唾液が少なくなり乾燥して菌が繁殖しやすいので、夜寝る前は時間をかけて磨いてください。

●電動歯ブラシは歯を痛めないか

歯に当てる強さや製品にもよるかと思いますが、今のところそのようなトラブルはあまり聞いたことがありません。正しい歯ブラシをきちんと習得した上で、電動や音波ブラシを使う事で、より効果が高くなります。

●どのくらいの強さで磨けば良いか

約100〜200g位の強さと言われておりますが、擦ったときにゴシゴシ音がするのは強すぎで、サワサワという位軽い力で小刻みに振動させて動かしましょう。

●歯磨きの正しいやり方

サンスター~mouthandbodyplaza~の「正しいハブラシの使い方 フルバージョン」を見て、正しいブラッシングを訓練してください。細かい歯ブラシの仕方は当院の歯科衛生士さんより指導をお受けください。正しい歯ブラシをできるかどうかでこの先の将来の食生活が変わります。

正しいハブラシの使い方 フルバージョン
サンスター~mouthandbodyplaza~

【食べ物について】

●歯に1番悪い食べ物は何か

虫歯に対しては砂糖類、歯周病に対しては柔らかい食物で、歯にこびりつきやすい食品などです。

●歯に良い食べ物が知りたい

お茶や紅茶類は、カテキンによる抗菌作用やフッ素も含まれています。また、キシリトール等の代用甘味料は虫歯予防につながります。成長期に、スルメなど硬いものをよく咬んで食べる事は顎の成長を促します。

【お口の中についての疑問】

●親知らずが痛い

痛みの原因として、歯ブラシの不十分によるプラークや歯石等の感染による炎症によるものや、歯が生えたり押されるときの痛み等がありますので、歯医者さんできちんと診断してもらってください。一度でも歯茎に炎症を起こしたものについては、掃除が上手にできないので、再発する頻度が高いので抜歯することをお勧めします。すると歯ブラシがとても楽になりますよ。

●歯を白くする方法は

定期的に歯医者さんで歯のクリーニングを行うか、それでも白くならない場合、歯を化学的に白くするホワイトニング法(ホームホワイトニング法、オフィスホワイトニング法)があります。

●口内炎になりやすい

口内炎の原因は、全身的、刺激物、風邪を引いたり体調など体の抵抗力が落ちると起きやすいので、口の中を清潔にし睡眠や栄養、ビタミン等を取ることをオススメします。

●すきっ歯すぎて食べ物が挟まる

歯の矯正をするか、頻繁なお掃除を心がけてください。

●寝るときに歯ぎしりしすぎて顔が痛い

夜中の歯ぎしりは、無意識に行うので治す事は難しいですが、マウスピースを装着することで、筋肉の過緊張や歯がすり減るのを予防することで軽減されます。

●口臭の消し方

口臭の原因は、胃腸障害の他、口の中が不潔で、菌の分解産物によるものが多いです。定期的に、歯医者さんでクリーニングを行い、歯ブラシの他、洗口剤を使うのも良いでしょう。

●虫歯はいつ気がつくか

初期の虫歯はなかなか気づきにくいです。ある程度感染が進行すると、歯の変色、しみる、食事痛などの症状が出現し、気づいたときにはかなり進行していることが多いです。